歯医者のインプラント治療

歯科におけるインプラント治療には基本的には流れが決まっており、そこで使用される材料や方法には、提供を行っている医療メーカーなどによって違いを見ることができます。

医療レーザー脱毛について

福岡の審美歯科におけるインプラントの手術時間

福岡の審美歯科におけるインプラントの手術時間

治療の方法としては、インプラントにおいては、まず、チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む外科手術が必要となります。一般的に行われるのが二回法と呼ばれる方法で、ここでは以下のような流れとなります。通常はカウンセリングから部位の症状の検査から入り、次はインプラントを埋める骨の状態を良く調べ、最終的に装着をする人工の歯の形や噛み合わせ決め、その部分に合った太さや長さを決定します。次に局所麻酔により歯茎の切開に入り、埋める場所の歯茎を必要な分だけ開き、骨を整形します。この場合、麻酔は通常の歯科の麻酔と同じで痛みはほとんど感じることはありません。

詳細はこちら >

オールオン4のインプラントができる福岡の歯科医院

オールオン4のインプラントができる福岡の歯科医院

福岡県でインプラントの施術を受ける場合には福岡市を中心として対応できる歯科診療所が数多くあり、そこではオペ室からラボ併設、また、設備においてもマイクロスコープからCTなど装備にも施設によっては違いが見られます。インプラントは歯科の中でも専門性を必要とする高度な歯科医療の範疇に入り、施設を選ぶ場合には実績も踏まえて判断をする必要があります。サイトを活用した福岡の口コミや福岡でのインプラント専門の歯科検索を用いることが選ぶ場合には大きな参考となります。

詳細はこちら >

福岡ではソケットリフトでインプラントが可能です

福岡ではソケットリフトでインプラントが可能です

ガイドドリルを使って事前に決めた深さまで骨に穴をあけます。その後、再度深さと方向を確認したあとに決められた太さまで穴を広げます。次に専用の器具を用いてインプラントを穴に装着をし歯茎の縫合をして埋め込みは完了します。骨と結合するまで3ヵ月から4ヵ月程度の期間が必要であり、完全に付くまで時間を置きますが、この場合、種類や場所によっては時間的に違いがある場合があります。安定した後はアバットメントと呼ばれる人口の土台を取付、その後、人工の歯を装着して施術が完了となります。

詳細はこちら >

口コミ

口コミ

気になる口コミはこちら

詳細はこちら >